Subscribe RSS

Archive for 2月 24th, 2014

スワップ狙いのfxトレードとは?リスクを下げて金利を受け取る 2月 24

余剰資金を使って金融商品に投資する場合、運用利益を考えれば「株式投資」「fx取引」の2つが国内ではメジャーです。また意外に知られていませんが、fxはちょっとした方法により、外貨預金と同じような取引が可能となります。為替取引を敬遠している人の多くは、「fx=損失額が大きい」と考えてしまいがちです。しかしレバレッジを1倍に下げて取引をおこなえば、入金額相当の金額でトレードができるのです。

例えば金融機関の口座へ100万円を入金したとします。その金額で米ドルなど通貨を買い付けます。すると定期預金や外貨預金と同じように、通貨を保有している間には「金利(スワップポイント)」が受け取れるのです。しかもスワップポイントは日割りで受け取れます。

もちろん買い付けた通貨の価格が上下すれば、それに比例して損益額も変化します。ただし外貨預金のように解約できない期間が定められているわけではないため、世界情勢の動きに合わせて決済することもできるのです。24時間マーケットが開いていますので、社会人の方でも気軽に参加が可能です。

ちなみに外貨預金とは違い手数料が非常に安いため、スワップポイント狙いで生活しているトレーダーさんまで世の中にはいるくらいです。国内業者を利用すれば信託保全というルールのおかげで、金融機関が破綻したとしても預け入れている金額は保護されますので、資産運用の1つの投資方法として検討してみてください。

Category: FX全般  | Leave a Comment